XLIFで椎間板治療をする|医学は進歩している

women

痛みや腫れに気付いたら

nurse

手や足の痛みや腫れに気付いたら、すぐに受診する事が大事です。ただの痛みではなく、関節リウマチだった場合は病院での治療が必要になります。世田谷のクリニックを受診して、あなたに合う方法で関節リウマチを治療し改善していきましょう。違和感に気付いたら、何事も早めの受診が大事です。

医院を選ぶときの基準

医者

かかりつけになる新しい病院をどこにするか決める際には、病院の口コミサイトが役に立ちます。これから医療機関の数は減ってくることが予測されるので、病院の広報ともなる口コミサイトはより重視されることになると思われます。

腰に痛みを感じたら病院へ

女性

行徳で腰痛の治療をしたい場合は、深夜まで営業していたり、子連れでも大丈夫な病院などさまざまな医院があります。病院に行く時の注意点としては、整形外科と内科が一緒になった病院に行くことです。また、女性は体の環境が変わりやすいので腰痛を感じたらすぐに受診することをおすすめします。

椎間板の新治療

XLIFが長年続いた腰痛を解消します!デメリットもなく、安心して治療に専念できますよ。低リスクという魅力が人気を高めています。

レントゲン

内視鏡を用いて少ない負担で行える椎間板治療が、XLIFです。XLIFは比較的新しい方法で、従来の治療に比べて負担が軽いのが特徴と言えます。脇側からアプローチをすることで、XLIFでは背中側の組織の損傷を抑えられるのが利点です。数ミリの穴から問題の生じている椎間板を除去し、その部分に特殊な器具を挿入します。XLIFの場合、画像と内視鏡を駆使することでかなり細かい作業が出来ます。神経にダメージを与えないことが一つの課題となっており、作業は慎重に進められるのが一般的です。傷口が小さいことから、この治療は入院期間もこれまでの方法に比べて短くなる傾向があります。施術後の回復も早く、約2日程度で歩行が可能です。

期待が持たれているXLIFが行えるか否かは、実のところ椎間板の状態によって決まってきます。極端な重症例や問題が見られる場所によっては、XLIFが適用できないことがあるため、確認が必要です。特に椎間板の下部に問題がある場合は、XLIFが行える可能性が低くなります。こうしたことから治療の適用については、担当医とよく相談することが大切です。脊椎手術の方法は、現在バリエーションが豊富です。かつてこの手の手術にはネガティブイメージが付き物でしたが、昨今はそういった風潮も少しずつ変化しています。適切な治療を受けた場合には、後遺症のリスクもかなり少ないのが現実です。ですので、症状がある場合は臆することなく専門医に相談するのがベストと考えられます。